1. 現在の位置 : ホーム
  2. ユニット紹介
  3. 設置目的

設置目的

多様化・国際化する社会に対応し、社会の課題を解決していけるグローバル人材を養成するためには、学部課程、専門職学位課程、修士課程、博士後期課程のそれぞれで、高い専門性を涵養するとともに、研究推進力としての高度な情報利活用力を身につけさせる事が重要となってきております。本事業では、学部、研究科を超えて、全学学生を対象とした高度な情報利活用教育を全学的かつ組織的に実施いたします。従来の一般情報教育とは一線を画し、情報の獲得・生成・発信、ビッグデータの分析・管理・収集、情報の提示・可視化など、有効な情報の利活用を行う能力(高度情報リテラシー)を涵養するための教育を行います。これによって、各分野の研究を、情報技術を駆使して推進できることが出来る人材の養成を目指します。さらに、このような教育を効果的に実施するために、電子教科書、アクティブ学習環境、講義アーカイブ、コースマネジメント等の整備により、教育の情報化基盤を開発・整備いたします。