1. 現在の位置 : ホーム
  2. 提供科目
  3. 2012年度の科目
  4. シミュレーションプログラミング入門

シミュレーションプログラミング入門Introduction to Simulation Programming

授業の概要・目的

FORTRANおよびCによる基本的なプログラミング手法を習得し、偏微分方程式の数値シミュレー ションを行うために必要な知識を取得する。その知識を実践に応用することができるようになるた めに、学術情報メディアセンターのスーパーコンピュータを利用した実習を講義に加えて行う。最 終実習レポート課題では、多くの応用分野でシミュレーションの対象となっているポアソン方程式 の差分解析を扱う。また、基本的なプログラミング技術についての解説の他、スーパーコンピュー タのハードウェア/ソフトウェアの概説や、並列処理技術・高性能計算技術に基づく高度なシミュ レーションプログラミング技術についてもその概要を講義する。

授業計画と内容

全15回の予定は、以下の通りである。

履修要件
平成21年度まで開講していたスーパーコンピューティング入門と比較して、プログラミングの未経験者に配慮した内容としています。メディアセンター北館端末室での実習を行うため、くじ引きによる20名の受講者制限を行う場合があります。
予備知識
成績評価の方法・基準
FORTRANあるいはC言語により簡単な数値シミュレーションを行うことができるようなプログラ ミングスキルと数値計算に関する知見を獲得しているかを評価の対象とする。 講義・演習の出席率とレポートに基づき評価する。講義・演習の6割以上に出席し、最終レポート において課題を実現するプログラムを示した場合、合格となる。
教科書
講義資料を配布
特に定めない
参考書等
授業中に紹介する
URL
その他(授業外学習の指示・オフィスアワー等)
オフィスアワーについてはKULASIS登録情報を参照すること。

センター提供科目一覧に戻る