1. 現在の位置 : ホーム
  2. 提供科目
  3. 2012年度の科目
  4. メディア情報の表現と処理

メディア情報の表現と処理Representation and Processing of Multimedia Information

授業の概要・目的

言語、画像、音声の表現メディアを計算機によって処理し,そこから必要な情報を抽 出するための技術の概要および、これらに関連するツールの使い方を習得する.これ により、計算機によるメディア処理技術の基本的知識を習得するとともに、それぞれ の専門分野でメディア処理技術を有効に利用できるようになる.文科系向けの科目で あるので、利用技術を重視して講義を進める。

授業計画と内容

メディア情報処理の目的 ( 1 回 )

一般に,人間や計算機が情報を処理するためには,何らかのメディアによりその情報が表現されている必要があり,音声や画像などの様々な表現メディアが利用されている.それぞれの表現メディアの特性について講述したのち,特にコミュニケーションやインタラクションにおける機能の観点からメディア情報処理について概観する.

テキスト・自然言語処理 ( 3 回 )

N-gram などの言語統計やWebのサーチエンジン等に用いられるテキスト検索アルゴリズムについて講述したのち,自然言語処理の基礎的事項として単語分割,構文解析,意味解析などの処理の原理を説明する.さらに,仮名漢字変換技術を例題として,言語モデルとその実現手法について説明し,関連する技術の演習を行う.

音声の分析・認識処理 ( 4 回 )

基礎的事項として,周波数解析に基づく音声処理手法について講述する.また,音声認識システム,音声対話システムの原理とシステム構成の方法論についても説明したのち,関連する技術について演習を行う.

音響 ( 1 回 )

人間の聴覚が立体を知覚する仕組みを解説したあと,マイクロフォンやラウドスピーカなどの音響デバイスの仕組みについて説明する.また,立体音響システムについて,最新の動向を紹介する.

画像処理・映像ハンドリング ( 5 回 )

画像中に埋もれた情報を強調して提示する手法や,画像中から必要な特徴を抽出する手法など,基本的な画像処理手法について,その原理と具体的な処理アルゴリズムを講述する.また,動画像処理・映像ハンドリングの手法についても説明したのち,画像・映像処理技術について演習を行う.

未来の映像技術 ( 1 回 )

高臨場感映像や立体映像など,現在,研究段階にある,これからの映像・音響技術について紹介する.

履修要件
計算機が利用できることが望ましい.
予備知識
成績評価の方法・基準
計3回程度課題を課す.また,期末試験を行う.
教科書
授業中に指示する
参考書等
授業中に指示する
URL
その他(授業外学習の指示・オフィスアワー等)
当該年度の授業回数などに応じて一部省略,追加がありうる.

センター提供科目一覧に戻る