1. 現在の位置 : ホーム
  2. 提供科目
  3. 2012年度の科目
  4. 情報分析・管理入門

情報分析・管理入門Introduction to Information Analysis and Management

授業の概要・目的

今日、分野を問わず最先端の研究を進めていくには、大規模データの分析・管理技術が不可欠となっている。本講義では、有用な情報の検索・抽出、それらの管理、分析結果の可視化など、多くの分野で利用されている技術の基本的な考え方とその仕組みについて講述する。各研究分野での利用方法についても紹介し、各自の将来の研究を進める上でこれらの技術を役立てることが可能になることを目指している。

授業計画と内容

本講義では、コンピュータや特定のプログラミング言語またはソフトウェアの使い方ではなく、各分野の研究に必要と考えられる情報分析・管理技術の仕組みや基本的な考え方について学ぶ。

具体的な構成の予定は、以下の通りである。

(1) ガイダンス1回

(2) データベース2-3回

(3) 問題のモデル化とグラフ、アルゴリズム2-3回

(4)データマイニング2回

(5)形式言語と配列解析(正規表現・オートマトン・アラインメントの関係、隠れマルコフモデル)2回

(6)可視化と対話技術1回

(7) マルチメディア分析(テキスト・画像・音声・映像分析) 4回

履修要件
予備知識
成績評価の方法・基準
講義で扱った情報分析・管理技術の仕組みや基本的な考え方の理解が達成目標である。 毎週のレポートによってこの目標に到達しているかどうかを検証し、出席状況・受講態度を考慮して成績を算出する。
教科書
講義プリントを配布。
教科書は特に定めない。
参考書等
URL
その他(授業外学習の指示・オフィスアワー等)
授業外学習として毎週のレポートを原則とする。
オフィスアワーはメールのやり取りで随時行う。
浅野泰仁: asano[at]i.kyoto-u.ac.jp
中村聡史: nakamura[at]dl.kuis.kyoto-u.ac.jp
山肩洋子:yamakata[at]media.kyoto-u.ac.jp

センター提供科目一覧に戻る