1. 現在の位置 : ホーム
  2. 提供科目
  3. 2011年度の科目
  4. メディア情報処理論

メディア情報処理論Advanced Media Information Processing

授業の概要・目的

言語、画像、音声の表現メディアを計算機によって処理し,そこから必要な情報を抽出するための技術について,その基礎的事項を講述するとともに,これらに関連する技術の最新動向について解説する.これにより,自然言語による検索技術,画像や音声の解析技術の基礎的事項についての知識を深め,それぞれの専門分野でこれらのメディア処理技術を有効に利用できるようになることを目指す.

授業計画と内容

○メディア情報処理の目的と概要 ( 1 回 )
言葉や音声,画像といった様々な表現メディアの特徴やコミュニケーションにおける役割等について考えたのち、幅広い専門分野において役立つ技術として、特に、メディア情報の解析に重点を置いた技術を概観する.
○テキスト・自然言語処理 ( 3 回 )
テキスト検索などのアルゴリズム,言語統計,単語分割,構文解析,意味解析,言語モデルなどについて詳述する.
○音声の分析・認識処理 ( 4 回 )
音声の周波数分析手法,音声認識システムの概要,音声対話システムを構成するための方法論について説明する.
○聴覚と立体音響 ( 1 回 )
人間が聴覚で音源の位置を推定する仕組みを解説し,最新の立体音響技術について紹介する.
○画像・映像処理 ( 4 回 )
デジタルカメラの原理と,基本的な画像処理技法,コンピュータビジョンの基礎,動画像処理等について説明する.

履修要件
情報学研究科知能情報学専攻の学生は指導教官と相談のうえ受講すること
予備知識
信号処理に関する知識,スクリプト言語に関する知識などを持っていることが望ましい
成績評価の方法・基準
レポート課題及び期末試験において講義の理解度を評価する。
教科書
使用しない
参考書等
美濃・西田:情報メディア工学(オーム社)
URL
その他(授業外学習の指示・オフィスアワー等)
当該年度の授業回数などに応じて一部省略,追加がありうる.

センター提供科目一覧に戻る